視覚芸術原論

プロジェクト学習 I,II

キャリアデザイン I,II

2013.06.03
小林丈晃さんに、Digital Signage等の新たな広告媒体について、お話しして頂きます。

特別講義

仕事の現場

大学でいかに学ぶべきか。その学習の目的と実際の社会での実践や課題、そのメソッドについて理解しましょう。まずは「仕事の現場」と題して、各分野のプロフェッショナルに仕事の方法について講義頂きます。

会場: 早稲田大学理工学部59号館404研究室(メディアデザイン制作室)
主催: 長 幾朗 研究室

注)企業の方々の講義については、企業の守秘義務に抵触するお話しは伺うことが出来ません。

2013年度

2013年6月3日(月) 19:00-20:30
広告代理店のプランナーの仕事
小林丈晃さん

2013年6月3日(月) 19:00-20:30
広告代理店のプランナーの仕事

講師 : 小林丈晃さん(株式会社ADK)

クライアントからのオリエン、プレゼン、実施にいたるまで現在進行中の事例を基に生々しく説明していきます。今回は、テレビや新聞等のマス媒体を使わないOOH(Out Of Home media)、Digital Signage等を活用したコミュニケーションプランの事例を取り上げます。

2013年5月23日(木) 18:00-20:00
インタラクティブ広告の現場(終了しました)
正村堅太郎さん

2013年5月23日(木) 18:00-20:00
インタラクティブ広告の現場

講師 : 正村堅太郎さん(株式会社博報堂)

手がけた仕事を紹介しながら、インタラクティブ広告の役割や実態についてお話しします。

2012年度

2013年2月1日(金) 18:30-20:00
放送ディレクターの仕事とは?(終了しました)
川崎麻り子さん

2013年2月1日(金) 18:30-20:00
放送ディレクターの仕事とは?

講師 : 川崎麻り子さん(NHKエンタープライズ)

「テレビ番組ってどんな人が作っているの?」「ディレクターって何をするの?」「激務って聞くけど本当?」などの疑問に答えながら、非常にベーシックな仕事内容をご紹介できればと思います。放送業界に関心がある方もそうでない方も、気軽に来ていただければと思います。

2013年1月31日(木) 19:00-21:00
デザイン思考プロセスを90分で"体験する"(終了しました)
萩原丈博さん

2013年1月31日(木) 19:00-21:00
デザイン思考プロセスを90分で"体験する"

講師 : 萩原丈博さん

デザインをするためには何が必要でしょうか。そのひとつのアプローチとして、Stanford 大学d.schoolのデザイン思考プロセスをワークショップを体験しながら学びます。事前のデザイン経験は必要なく、どなたでもご参加いただけます。(使用言語 : 日本語)

LinkIconワークショップの概要

8月3日(金) 18:30-20:00
作りながらデザインする(終了しました)
山脇正光さん

8月3日(金) 18:30-20:00

講師 : 山脇正光さん(GKテック)

「触れる地球」を題材に、我々の仕事の特徴をお話します。世の中に知能を持った道具が出でてきた時、インタフェースやインタラクションなどのデザインの新しい課題が現れました。我々は、そのような課題に応えるために、自らハードやソフトも含めて、作りながらデザインすることを20年以上続けています。今日のデザインの方法論の1つとして、我々の仕事の進め方を実例と共にご紹介します。

4月17日(火) 19:00-21:00
持続可能な仕組みをデザインする(終了しました)
中村 崇之さん

4月17日(火) 19:00 - 21:00
持続可能な仕組みをデザインする

講師 : 中村 崇之さん

ゴミをゴミとして取り扱うだけでは持続可能な社会は成り立ちません。では、ゴミを資源としてとらえるとどうでしょう? 多くの持続可能な可能性が眠っていることに気付かされます。しかし、そのゴミを資源に変える(リサイクルする)には、技術的な課題や社会的な課題が多くあります。ゴミを資源に変えるための技術とその技術を社会の中で生かすための仕組み作りについて紹介します。

4月12日(木) 18:30-21:00
変わる「デザイナー」の役割(終了しました)
富田 誠さん(東海大学専任講師)

4月12日(火) 18:30-21:00
変わる「デザイナー」の役割

講師 : 富田 誠さん(早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了)

日本経済、特に製造業のシュリンクと同期しながら、デザインの事業所数や売り上げは減少しています。一方で、多くの企業はデザインの取り組みをさらに活発化させていることが企業調査から明らかになっています。企業のサービス・モノ作りの改革と新しいデザイン戦略に応じた、デザイナー、そしてデザインプロセスの変化が求められています。今までデザイナーが活躍していなかった領域で始まった、住み込み型デザイン等の事例を見ながら、これからの”デザイナー”の役割を考えます。

2011年度

1月17日(火) 16:45-18:00
SP的メディア活用術(終了しました)
松川浩二さん(株式会社カレラ)

1月17日(火) 16:45 - 18:00
SP的メディア活用術
リアル媒体からネットまでの売れる仕組み作り

講師 : 松川浩二さん(早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了)

2002年国際情報通信研究科修了後、アイベックス・アンド・リムズ株式会社(現デジタルガレージ)入社。R&D本部、アカウントプランニング本部にて営業、プランナーを担当。2007年より(株)カレラにて、飲食チェーンメーカーや消費材メーカーのSPおよびマーケティングを担当。

1月12日(木) 18:30-20:00
ソーシャルシフトとコミュニケーションシフト(終了しました)
ソーシャルメディア時代の新しい企業価値
廣田 周作さん(株式会社電通)

1月12日(木) 18:30 - 20:00
ソーシャルシフトとコミュニケーションシフト
ソーシャルメディア時代の新しい企業価値

講師 : 廣田周作さん(株式会社電通)

2008年国際情報通信研究科修了後 株式会社電通入社。コミュニケーション・デザイン・センターを経て現在プラットフォーム・ビジネス局勤務。ソーシャルリスニングソリューション開発や、コミュニケーションプランニング業務を行っています。電通ソーシャルメディア・ラボ、電通モダンコミュニケーション・ラボに所属。

9月14日(水) 16:00-17:00
The Visualization of RADIATION LEVEL After the FUKUSHIMA Accident(終了しました)
アンドレアス・シュナイダー(情報芸術科学大学院大学教授)

9月14日(水)16:00-17:00
The Visualization of RADIATION LEVEL After the FUKUSHIMA Accident

講師 : アンドレアス・シュナイダーさん

1991年、来日、多摩美術大学研究員、情報デザイン学科、情報芸術科学大学院大学で教鞭を執る。本学早稲田大学国際情報通信研究科でも講座を担当。情報デザイン分野のデザイナーとして活躍の傍ら、情報デザイン、デザイン開発モデルについての編著も多数。情報デザインの現状、海外の大学や研究についてお話し頂きます。

9月14日(水) 17:30-18:30
オランダ、アムステルダムでの美術留学の経験について、自身の作品について(終了しました)
花岡美緒さん(早稲田大学人間科学部, Grttit Rietveld Academie卒業)

9月14日(水)17:30-18:30
オランダ、アムステルダムでの美術留学の経験について、自分の作品について

講師 : 花岡美緒さん(早稲田大学人間科学部, Grttit Rietveld Academie卒業)

早稲田大学在学時から、本学が連携している大学でも平行して学び、奨学金を得て、Grttit Rietveld Academieに進んだ花岡美緒さんに留学の体験、ご自身の作品について紹介して頂きます。

*Grttit Rietveld(ヘリット・リートフェルト)は、オランダに生まれ、モンドリアン等と共に芸術運動デ・ステイルに参加した著名な芸術家。モダン・アートの代表的な作品となった「赤と青の椅子」「シュレーダー邸」等の様々なデザインを手掛けています。

2010年度

12月3日(金) 18:00-19:30
ミュージアムのデザイン
大山裕さん(展示企画プロデューサー)
大山由美子さん(株式会社丹青社研究所)

12月3日(金)18:00-19:30
ミュージアムのデザイン

講師 : 大山裕さん(展示企画プロデューサー)・大山由美子さん(株式会社丹青社研究所取締役)

博物館とはどのような施設で、そのためにはどのような点に留意してデザインするのか、博物館の機能とデザインとは何か。そして、博物館を中心としたまちづくり、エコミュージアムについてお話しします。

11月5日(金) 18:00-19:30
横浜市黄金町における「アートによるまちの再生」の取り組み(終了)
山野真悟さん(黄金町エリアマネジメントセンター事務局長)

11月5日(金)18:00-19:30
横浜黄金町における「アートによるまちの再生」の取り組み(終了しました)

講師 : 山野真悟さん(黄金町エリアマネージメントセンター事務局長)

福岡県生まれ。1990年、ミュージアム・シティ・プロジェクト事務局長に就任。福岡市都心部の公共空間や商業施設を使った展覧会を2000年まで継続。2005年『横浜トリエンナーレ2005』のキュレーターを務める。2008年『黄金町バザール』ディレクターに就任。2009年4月より現職。

かつて売買春と麻薬の街として知られていた黄金町が、今、地域、行政、大学、警察が一体となって「アートによるまちの再生」に取り組んでいます。その取り組みの過程と手法についてお話します。併せてアジア各地の「アートとコミュニティ」をめぐる事例を参照例として報告します。

11月12日(金) 18:00-19:30
コミュニケーションデザインの現在(終了)
廣田周作さん(株式会社電通)

11月12日(金) 18:00-19:30
コミュニケーション・デザインの現在(終了しました)

講師 : 廣田周作さん(国際情報通信研究科修了、株式会社電通ビジネス統括局プラットフォーム・ビジネス開発室テクノロジー開発部)

成熟した市場、激変するメディア環境の中で、いかに生活者に響くコミュニケーションを設計していけばいいのか?現在、広告会社が取り組んでいる新しいプランニング手法や新しい調査の手法を実際の事例を交えてお話しします。

2009年度

12月3日(木) 18:00 - 19:30(終了)
放送制作の現場

On the air, To the person「映像」を、みてもらうためには

講師 : 岡内秀明さん(国際情報通信研究科修了、株式会社NHKエンタープライズ)

不景気のさなか、低迷する視聴率。テレビが権威として見てもらえる時代は終わっています。映像を「みてもらえるコンテンツ」として出すための工夫も暗中模索の中、取り組んでいます。ETV特集や東京カワイイ★TVの制作現場をお伝えします。

■19:30以降は、フリー・ディスカッションを予定しています。

12月10日(木) 18:00 - 19:30(終了)
広告クリエイティブの現場

広告クリエイティブの現場

講師 : 正村堅太郎さん(国際情報通信研究科修了、株式会社博報堂)

携わった仕事の輪郭を紹介しながら、広告クリエイティブの役割や実体をお話しします。

■19:30以降は、フリー・ディスカッションを予定しています。

1月29日(金) 18:00 - 19:30(終了)
コンテンツ推薦技術開発の現場

ユーザーの好みを理解するには

講師 : 萩原丈博さん(国際情報通信研究科修了、株式会社ソニー)

ネットワークとデジタル技術の発達によって、世の中にあふれる情報は膨大なものとなりました。その中で私たちユーザが欲しい情報に出会うためにはどうすれば良いのか。携わった製品やサービスの事例を紹介しながら、コンテンツ推薦の開発現場をお伝えします。

ソニーの推薦技術について

2月5日(金) 18:00 - 19:30(終了)
フィジカル・コンピューティング基礎

電子デバイスを用いたプロトタイピング手法の基本概念と、その応用について

講師 : 吉田知史さん(国際情報通信研究科修了、電気通信大学人間コミュニケーション学科博士後期課程)

電子デバイスを用いたものづくりは、どうしても専門的な知識を要してしまいます。今日、そうした技術的な障壁を減らそうと多くの試みが見られます。フィジカルコンピューティングの試みについて、その基本概念や最近の動向、これから必要とされる(とおぼしき)視点について、現在わたしが行っている活動と絡めてお話しいたします。