exhibition_2014_01.jpg
info.png
bunka_image_02.JPG
bunka_image_01.JPG

台東区との共同プロジェクトにより企画制作している台東区文化ガイドブック「文化探訪」展を開催します。

会場・会期
2014年12月26日(金) - 2015年1月7日(水) 浅草文化観光センター


finish_01.jpg
finish_02.png

マネキン制作のリーディング・カンパニー株式会社七彩主催の"NANASAI 2015”に、本研究室の企画制作による”Interactive Mannequins─交感するマネキン”を出展しています。

会場・会期
東京展 : 2014年12月11日(木)、12日(金) スパイラルホール [終了しました。]
大阪展 : 2014年12月18日(木)、19日(金) 阪急うめだホール(大阪市北区角田町8-7 阪急百貨店うめだ本店9F)

main_rw_top_c.png

about media design study

今日のアートやデザインの表現は、従来の機械的な構造を顕わにしない、つまりは不可視の構造を持ち、より自然に感覚を促す認知的な形態に移行しています。現代の過度に人工的な環境において、レジビリティ(可読性)やタンジビリティ(触感)による、より読みやすく、分かりやすい、あるいは手触りの良いデザインが求められているとも言えます。また、今日のコンピュータメディアを用いたデザインシステムにおいても、従来の表現や制作のプロセスを実現する事に加えて、特にコンピュータメディアの特性を生かしたデザインやそのシステムが求められています。いかなるデザインや製品等においても、レジブルでタンジブルな感覚を促す形態、つまりは使い勝手に優れたデザインと人との関係は、より良いインタフェースにより保たれています。今日においては、心理学や認知科学に基づいた概念や理論をその表現に応用する事により、さらに適切なユーザビリティを生み出す事が試みられています。私たちの研究室は、これらの概念を基に研究に専念しています。

main_rw_bot_c.png

main_rw_top_c.png

our projects (2009 - 2010)

main_rw_bot_c.png

side_rb_top_c.png

news
2014.12.11
Interactive Mannequins 交感するマネキンを出品

finish_01.jpg

株式会社七彩とのコラボレーションによる、本研究室企画制作のインタセクティブ・マネキンを出展しています。

2014.12.11
台東区文化ガイドブック「文化探訪展」を開催予定

exhibition_2014_01.jpg

台東区との共同プロジェクトによる「文化探訪展」を開催します。

2014.02.10
早稲田大学表現工学科学生作品展[2014年2月21日(金)-3月16日(日)]「恋する台東・愛する東京」展

2013.10.01
研究展示会のご案内 [ 10月8日(火) - 14日(月) ] futureimages2013

2013.05.15
本研究室所属の鈴木海等のプロジェクション・マッピングサークル"LIGHTMAN"が、「未来を変えるデザイン展」に出品します。
未来を変えるデザイン展」2013年5月16日(木)-6月11日(火) 東京ミッドタウン・デザインハブ

2011.05.07
本研究室所属の徐子雁、張伊雯、および国際情報通信研究科の張棋翔の研究グループ「Team_NRK」の「Moira Mirror ~未来のための健康リマインダーシステムの提案」が、MIRAI DESIGN AWARD 2030において受章5チームの1チームとして受賞しました。

2011.01.14
本研究室所属の基幹理工学部表現工学科4年の卒業展mediascapeを開催しました。
mediascape 2010

side_rb_bot_c.png

 受験や共同研究などのご質問にお答えします。

台東区文化ガイドブック

 台東区「文化探訪」に協力しています。

台東区文化ガイドブック

spacer_w16_h16.gif

早稲田大学メディアデザイン研究所

spacer_w16_h16.gif

早稲田大学国際情報通信研究科

spacer_w16_h16.gif

早稲田大学表現工学科